~高セキュリティを実現したクラウド型タイムラプス映像活用サービス~
映像CIMクラウドソリューション
時代は写真から
映像へ。
近年、土木・建築現場において、国土交通省の指導の下、CIM(Construction Information Modeling) の制度化が進みはじめ、 3次元モデルによる情報共有のプラットフォーム構築も進んでまいりました。この3次元モデルに加え、更に分かりやすく、正確な 情報共有を行う手段へのアプローチが模索されております。 このような背景に伴い、手軽に、土木・建築の施工現場を録画し、その映像データを管理・解析 することにより、進捗管理、不正防止、 防犯、安全管理、報告業務、社員教育など、幅広い用途に活用できるソリューションが求められています。 我々は、この映像データをタイムラプス映像にすることで情報価値を高め、ICTによる土木建築における情報化施工をサポートします。 それを実現することができる土木建設向け映像活用サービスとして「映像CIMクラウドソリューション」の提供を開始しました。
こんなお困り事はありませんか?
働き方改革や生産性向上に取り組みたいが何から始めれば良いか分からない。
現場から離れていても、現場の状況が見たい。
施工の流れをタイムラプス映像で残したい。
タイムラプス映像を作るのに時間と手間がかかっている。
新入社員や若手社員の技術教育をカンタンに実施したい。
AXIS M2025
お困り事を解決するための手順
01
撮りたい現場
カメラを設置する
現場によっては、電源やネットワークの確保が困難なケースがあります。
弊社ではさまざまな導入実績をもとに、
お客様に最適な構成をご提案いたします。
お困り事を解決するための手順
02
離れた場所からでも
スマートフォンやPCで
現場の映像が見られる
VCIM-REC Powerd by アロバビュークラウド
 
・クラウド型監視カメラ・カメラ録画サービス
・遠隔地からのリモートモニタリング
アロバビューサンプル
タイムラプス
お困り事を解決するための手順
03
自動でタイムラプス映像が生成される
VCIM-RECで録画した映像から
自動でタイムラプス映像を生成。
今まで大変だった映像データの編集作業がいらなくなります。
お困り事を解決するための手順
04
タイムラプス映像を
かんたんクラウド管理
Vcimロゴ
タイムラプス映像管理クラウド
メニュー画面
映像登録、映像一覧、日報入力、
日報検索を選択。
メニュー画面
大容量データ管理
タイムラプス映像をサムネイル表示。施工情報を一元管理、ストリーミングによる映像データ閲覧可能。
大容量データ管理
日報・評価点入力機能
日報入力、担当者別項目による
評価点入力可能。
日報・評価点入力機能
アノテーション機能
映像を再生しながら特定のポイントで
映像にオーバーラップさせ矩形とメモを入力できます。
アノテーション機能
映像CIMクラウドソリューションの全体イメージ
全体イメージ
『 映像 CIM クラウドソリューション 』は、スリーフィールズが提供する映像CIMクラウドサービス「 VCIM(ブイシム)」と アロバが提供するクラウド型監視カメラ録画サービス「アロバビュークラウド」を活用した「VCIM-REC」を連携させることでさまざまな現場の映像データを一括してモニタリング、録画データ再生、タイムラプス自動変換、映像解析し、業務活用できる新しいソリューションです。またエリアビイジャパンが提供するリモートアクセスサービス「SWANStor(スワンストア)」のセキュリティ機能を利用し、監査証跡のためのアクセスログは勿論、独自の端末認証機能を提供し不正 アクセスをシャットアウトするなど、これまで以上にセキュリティレベルの高い映像データ管理とアクセス環境を備えたプラットフォームを実現しています。  ※SWANStorはオプション。
映像を活用することで得られる5つの効果
1.工程進捗
タイムラプス映像による工事の振り返りが容易
工事進捗状況の見える化が実現
2.品質・出来映え
時系列でより詳細な作業手順が確認
品質の不良要因の確認が迅速化
映像により出来映えの確認
3.安全・衛生管理
遠隔でも現場のリスク確認が可能
本社や発注者などとのコミュニケーションが良好
4.公衆災害
映像が俯瞰的なため、人目線より幅広い空間認知が可能
周辺の交通など公衆災害への配慮が徹底
5.技術継承・施工技術
時系列の映像から施工の理解が分かり易くなっている
映像の社員教育などの利用が容易
お問い合わせ
0120-743-506
「映像CIMのホームページを見た」とお伝えください。
 
 
第一電子株式会社 ICTソリューション統括事業部
〒651-2113 兵庫県神戸市西区伊川谷町有瀬301番地
TEL:0120-743-506 / FAX:0120-743-507
E-mail:kensetsu@ddk.ne.jp
担当:中間(なかつま)・榎本
■東京事業部
〒108-0073 東京都港区三田2丁目7-7 芳和三田綱坂ビル101
TEL:03-5419-6761 / FAX:03-5419-6762
E-mail:e-cim@ddk.ne.jp
担当:鈴木・小山
新着情報